第23回柔道整復師国家試験問題(平成26年度・2014年度)|午前21問〜午前40問

第23回国家試験 午前21

コーレス(Colles)骨折の屈曲整復法で最初に遠位骨片を屈曲する方向はどれか。

第23回国家試験 午前22

骨折の治療で緊急度の高いのはどれか。

第23回国家試験 午前23

腋窩線上の第7肋骨骨折で疼痛が増強しにくいのはどれか。

第23回国家試験 午前24

顎関節前方脱臼で片側脱臼だけにみられる所見はどれか。

第23回国家試験 午前25

上腕骨外科頸外転型骨折で正しいのはどれか。

第23回国家試験 午前26

上腕骨顆上骨折で正しいのはどれか。

第23回国家試験 午前27

肩鎖関節上方脱臼で正しいのはどれか。

第23回国家試験 午前28

小児肘内障で整復の確認に使われないのはどれか。

第23回国家試験 午前29

大腿骨頸部内側型骨折で正しいのはどれか。

第23回国家試験 午前30

傷害と検査との組合せで正しいのはどれか。

第23回国家試験 午前31

内胚葉から分化するのはどれか。

第23回国家試験 午前32

大腿骨転子窩に停止するのはどれか。

第23回国家試験 午前33

ラムダ縫合を形成するのはどれか。

第23回国家試験 午前34

鳥口突起に停止するのはどれか。

第23回国家試験 午前35

脳神経の支配を受けるのはどれか。

第23回国家試験 午前36

図中の矢印の部位に停止する筋はどれか。

第23回国家試験 午前37

骨と部位名との組合せで正しいのはどれか。

第23回国家試験 午前38

内転筋管を通るのはどれか。

第23回国家試験 午前39

閉鎖神経が支配するのはどれか。

第23回国家試験 午前40

前室間溝を走行するのはどれか。