関係法規|柔道整復師国家試験問題

第24回国家試験 午後1

柔道整復師免許について正しいのはどれか。

第22回国家試験 午後5

施術所の廃止届を出さなければならないのはどれか。(採点除外の為、ジュースタ改)

第27回国家試験 午後10

医師の守秘義務違反を規定する法律はどれか。

第21回国家試験 午後1

柔道整復師名簿の登録事項でないのはどれか。

第21回国家試験 午後8

医師法で正しいのはどれか。

第20回国家試験 午後2

守秘義務の規定がない法規はどれか。

第24回国家試験 午後3

柔道整復師が行う場合、医師の同意で正しいのはどれか。

第23回国家試験 午後4

施術所に関して誤っているのはどれか。

第22回国家試験 午後7

法と対象年齢で誤っているのはどれか。

第26回国家試験 午後4

柔道整復師が業務として行えるのはどれか。

第24回国家試験 午後7

私法はどれか。

第24回国家試験 午後4

柔道整復師の守秘義務で正しいのはどれか。2つ選べ。

第22回国家試験 午後4

施術の同意を得る医師で誤っているのはどれか。

第25回国家試験 午後3

柔道整復師法施行規則で申請しなければならないのはどれか。2つ選べ。

第21回国家試験 午後10

厚生労働大臣による行政処分者に対する再教育研修がないのはどれか。

第23回国家試験 午後10

自らの判断で放射線を人体照射できる職種はどれか。

第23回国家試験 午後8

成文法でないのはどれか。

第25回国家試験 午後4

柔道整復師法で指定試験機関が不正行為者にできるのはどれか。

第23回国家試験 午後3

柔道整復師の業務範囲として正しいのはどれか。

第23回国家試験 午後7

柔道整復師法の規定で30万円以下の罰金に処せられるのはどれか。