必修問題|柔道整復師国家試験問題

第29回国家試験 午前1

柔道の創始者はだれか。

第28回国家試験 午前26

ラックマンテストで被検者の姿勢はどれか。

第25回国家試験 午前28

中手骨頸部骨折はどれか

第26回国家試験 午前6

身体の構成成分として体重に占める割合が最も多いのはどれか。

第22回国家試験 午前3

動脈血を含むのはどれか。

第29回国家試験 午前3

患者への病状・治療方針の説明で誤っているのはどれか。

第28回国家試験 午前22

大腿部前面打撲の合併症で正しいのはどれか。

第28回国家試験 午前19

インピンジメントサインで検者の立ち位置はどれか。

第23回国家試験 午前20

骨折の治療で手術療法と比較して保存療法の特徴となるのはどれか。

第23回国家試験 午前29

大腿骨頸部内側型骨折で正しいのはどれか。

第29回国家試験 午前9

上腕骨外科頸骨折の受傷直後患者に対する介助方法で誤っているのはどれか。

第24回国家試験 午前21

脱臼の施術で正しいのはどれか。

第21回国家試験 午前24

上腕骨顆上伸展型骨折と肘関節後方脱臼との鑑別に有用なのはどれか。

第22回国家試験 午前16

正しい組合せはどれか。

第29回国家試験 午前27

膝関節内側側副靭帯損傷の固定で誤っているのはどれか。

第28回国家試験 午前40

医療現場においてインシデントはどれか。

第26回国家試験 午前4

黒質があるのはどれか。

第28回国家試験 午前5

上腕骨外科頸外転型骨折の後でよくみられるのはどれか。

第25回国家試験 午前6

安静時の呼吸で呼息終了時の肺容量はどれか。

第21回国家試験 午前28

大腿骨頸部内側骨折で誤っているのはどれか。