衛生学・公衆衛生学|柔道整復師国家試験問題

第22回国家試験 午前112

肝癌の危険因子で誤っているのはどれか。

第23回国家試験 午前118

滅菌法のうち化学的方法に分類されるのはどれか。

第22回国家試験 午前113

毒素型の食中毒を起こす原因菌はどれか。

第21回国家試験 午前109

地域保健活動を実施する上で、最初に行うのはどれか。

第26回国家試験 午前112

学校保健安全法に定められていないのはどれか。

第29回国家試験 午後4

母子健康手帳で正しいのはどれか。

第22回国家試験 午前114

精神科疾患で正しいのはどれか。

第29回国家試験 午後12

水質汚濁の指標に含まれないのはどれか。

第26回国家試験 午前111

近年の我が国の母子保健の状況で正しいのはどれか。

第20回国家試験 午前118

屋内気候の基準でないのはどれか。

第22回国家試験 午前110

エビデンスレベルの最も高い疫学研究方法はどれか。

第25回国家試験 午前110

二次予防に相当する行動はどれか。

第24回国家試験 午前117

院内感染対策として優先度が低いのはどれか。

第26回国家試験 午前115

毒素型食中毒の原因となるのはどれか。

第23回国家試験 午前112

学校保健安全法における風疹の出席停止期間の基準はどれか。

第23回国家試験 午前111

母子保健の指標で正しいのはどれか。

第28回国家試験 午後1

癌とそのリスク因子の組合せで誤っているのはどれか。

第25回国家試験 午前120

公害と原因物質の組合せで正しいのはどれか。

第21回国家試験 午前115

経胎盤感染により胎児に白内障、先天性心疾患、難聴などを起こすのはどれか。

第29回国家試験 午後11

熱中症で正しいのはどれか。