整形外科学|柔道整復師国家試験問題

第29回国家試験 午後61

静脈瘤で正しいのはどれか。

第20回国家試験 午後65

4歳の男児。転びやすいことを主訴に来院した。しゃがんだ姿勢から立ち上がる際に、両手を膝に当てて力を込めないと立ち上がれない。両側の下腿三頭筋は肥大している。正しいのはどれか。

第25回国家試験 午後63

分娩麻痺で正しいのはどれか。

第20回国家試験 午後88

股関節内旋位となるのはどれか。

第20回国家試験 午後63

53歳の男性。単純エックス線撮影で仙骨に大きな骨吸収像を認めた。考えられるのはどれか。

第20回国家試験 午後68

受傷直後の所見で肘関節の前後径が増大しているのはどれか。2つ選べ。

第22回国家試験 午後55

力学的にストレス集中が生じにくい部位はどれか。

第27回国家試験 午後64

30歳の男性。6か月前から運動で軽減する腰痛があり、腰椎の背屈制限を伴っている。
この患者にみられる所見はどれか。

第22回国家試験 午後61

上肢の関節で離断性骨軟骨炎の頻度が最も高いのはどれか。

第20回国家試験 午後61

四肢長管骨の骨幹端に好発し、単純エックス線像で透亮巣の周囲に反応性の骨硬化を認めるのはどれか。

第21回国家試験 午後57

成長ホルモン分泌不全でみられるのはどれか。

第21回国家試験 午後61

高齢者の急性膝痛の原因にならないのはどれか。

第29回国家試験 午後63

化膿性関節炎で正しいのはどれか。

第25回国家試験 午後65

63歳の女性。特に誘因なく3週前から腰痛が出現したため受診した。
単純エックス線写真で第1腰椎の圧迫骨折を認め、骨密度を計測したところ、T値(若年成人の平均値:YAM値)に対する比率は74%であった。
誤っているのはどれか。

第23回国家試験 午後55

脊髄損傷患者の機能で誤っているのはどれか

第22回国家試験 午後57

コラーゲンの異常が原因となるのはどれか。

第26回国家試験 午後57

くる病で誤っているのはどれか。

第24回国家試験 午後57

骨系統疾患で常染色体劣性遺伝子はどれか。

第20回国家試験 午後67

骨折の確定所見はどれか。

第20回国家試験 午後75

脊椎骨折と好発部位との組合せで正しいのはどれか。