リハビリテーション医学|柔道整復師国家試験問題|1問〜20問

第29回国家試験 午後15

筋持久力の向上に適した方法はどれか。

第23回国家試験 午後21

45歳の女性。脳出血発症後6か月を経過したが重度の右片麻痺が残存した。
左上肢支持にて立位は安定しているが右内反尖足のために歩行は非常に困難である。
誤っているのはどれか。

第25回国家試験 午後11

リハビリテーションの目的でないのはどれか。

第22回国家試験 午後19

頸椎の固定性が最も高い装具はどれか。

第23回国家試験 午後13

ICIDH(国際障害分類)で能力低下にあたるのはどれか。

第27回国家試験 午後12

障害に対する全身調整運動のプログラムで正しいのはどれか。

第24回国家試験 午後20

脳梗塞で流暢に話すが内容に脈絡がなく言語の理解も悪い。病変部位はどれか。

第25回国家試験 午後17

脳卒中片麻痺の回復をみるブルンストローム法で分離運動がみられてくるのはどれか。

第26回国家試験 午後15

下肢筋力増強のための仰臥位での膝伸展位下肢挙上訓練で大腿広筋群の筋収縮はどれか。

第22回国家試験 午後12

関節と起こりにくい拘縮との組合せで正しいのはどれか。

第26回国家試験 午後20

頸髄損傷による完全四肢麻痺(第5頸髄節残存)で可能な目標はどれか。

第29回国家試験 午後22

身体障害者手帳を交付するのはだれか。

第20回国家試験 午後11

自立生活で正しいのはどれか。

第29回国家試験 午後19

最も深部に到達する温熱はどれか。

第29回国家試験 午後18

劣位半球由来の症状はどれか。

第26回国家試験 午後12

関節強直の原因で正しいのはどれか。2つ選べ。

第23回国家試験 午後18

大腿義足に特有のソケットはどれか。

第23回国家試験 午後19

一般的な失語症治療で適切なのはどれか。

第25回国家試験 午後19

脳梗塞を6ヶ月前に発症し、現在、利き手の右手に重度の麻痺が残存している。食事動作訓練で正しいのはどれか。

第22回国家試験 午後21

56歳の男性。急に右上下肢が動かしづらくなり、独歩で救急外来を受診し、左被殻出血と診断され入院となった。現在入院から3日が経過している。
軽い麻痺は残存しているが、頭部CT検査で出血の増大傾向はなく、バイタルサインは安定している。
リハビリテーションで正しいのはどれか。