リハビリテーション医学|柔道整復師国家試験問題|21問〜40問

第22回国家試験 午後15

小脳性運動失調の評価に用いるのはどれか。

第23回国家試験 午後21

45歳の女性。脳出血発症後6か月を経過したが重度の右片麻痺が残存した。
左上肢支持にて立位は安定しているが右内反尖足のために歩行は非常に困難である。
誤っているのはどれか。

第21回国家試験 午後17

物理療法で正しいのはどれか。

第29回国家試験 午後22

身体障害者手帳を交付するのはだれか。

第21回国家試験 午後13

機能形態障害に対するアプローチでないのはどれか。

第20回国家試験 午後14

日常生活動作(ADL)はどれか。2つ選べ。

第24回国家試験 午後17

腰部脊柱管狭窄症に用いられる装具はどれか。

第26回国家試験 午後16

関節可動域訓練で正しいのはどれか。

第20回国家試験 午後16

腰痛体操はどれか。

第27回国家試験 午後20

脳卒中のリハビリテーション治療で正しいのはどれか。

第24回国家試験 午後16

人工股関節置換術後に人工関節が脱臼しやすい肢位をとらないように指導されているため、靴下がうまく履けないとの訴えがあった。正しい対応はどれか。

第24回国家試験 午後12

国際生活機能分類(IGF)の構成要素でないのはどれか。

第20回国家試験 午後20

脳性麻痺の病型とその特徴との組合せで正しいのはどれか。

第26回国家試験 午後20

頸髄損傷による完全四肢麻痺(第5頸髄節残存)で可能な目標はどれか。

第21回国家試験 午後11

リハビリテーションの説明で正しいのはどれか。

第22回国家試験 午後14

腹臥位で関節可動域測定(日本整形科学会・日本リハビリテーション医学会基準による)をするのはどれか。

第26回国家試験 午後13

末梢神経麻痺で正しいのはどれか。

第25回国家試験 午後14

日本リハビリテーション医学会および日本整形外科会が制定した関節可動域測定法で、
右股関節の関節可動域を測定する際に右膝関節90度屈曲位で計測するのはどれか。

第21回国家試験 午後15

日常生活動作評価でFIMにあって、バーセル指数にない項目はどれか。

第21回国家試験 午後21

72歳の男性。前立腺癌の既往がある。3か月前から背部痛があったが我慢していた。
2週前から右足のしびれが出現し施術を受けていたところ、昨日から下肢に力が入らず歩行困難になったと訴えている。
診察では左下肢の運動は可能だが、右膝関節の伸展および足関節の自動運動が困難で、胸部以下に感覚障害を認めた。
正しいのはどれか。