リハビリテーション医学|柔道整復師国家試験問題|41問〜60問

第27回国家試験 午後16

失語症で復唱が可能なのはどれか。

第23回国家試験 午後17

歩行能力が平行棒内両手支持で往復可能なレベルの場合、屋内移動で用いる適切な補助具はどれか。

第26回国家試験 午後18

脳梗塞慢性期で左片麻痺がある。痙性麻痺で共同運動を認め、内反尖足のために歩行が不安定である。歩行補助具として用いるのはどれか。

第23回国家試験 午後14

関節運動方向の表現で正しいのはどれか。2つ選べ。

第24回国家試験 午後18

松葉づえをついたときの肘の最適な屈曲角度はどれか。

第29回国家試験 午後16

頭部CT横断像(別冊No.1)を別に示す。考えられる診断はどれか。

第20回国家試験 午後11

自立生活で正しいのはどれか。

第26回国家試験 午後21

43歳の男性。2か月前に高所での作業中に転落し、第5頸椎脱臼骨折をきたし頸髄を損傷した。脱臼骨折は整形外科で観血的整復固定術を施行されている。現在の徒手筋力テストは両肘関節の屈曲が4、手関節の背屈が4および肘関節の伸展が0であり、握力は0kgである。リハビリテーションで正しいのはどれか。

第20回国家試験 午後19

C5頸髄損傷(第5頸髄節機能残存)で筋収縮がみられるのはどれか。

第22回国家試験 午後13

機能的自立度評価法(FIM)の尺度で介助の程度が修正自立のレベルはどれか。

第25回国家試験 午後16

日常生活動作(ADL)でないのはどれか。

第29回国家試験 午後21

職種が行う役割の組合せで誤っているのはどれか。

第23回国家試験 午後18

大腿義足に特有のソケットはどれか。

第25回国家試験 午後21

65歳の男性。2年前の高所からの転落で上部胸髄損傷で対麻痺がある。
車いすでの日常生活は自立していたが、急に頭痛、顔面紅潮、発汗が出現した。注意するのはどれか。

第25回国家試験 午後17

脳卒中片麻痺の回復をみるブルンストローム法で分離運動がみられてくるのはどれか。

第24回国家試験 午後21

50際の男性。高所作業中に転落し、胸髄損傷をきたし6ヵ月が経過している。
完全麻痺症状があるが、上肢機能は正常で、車いすを利用した外出も可能な機能まで回復している。
膀胱直腸機能障害があり、尿道カテーテルがはずせない。今後の方針で最も適切なのはどれか。

第27回国家試験 午後19

86歳の男性。3年前に脳卒中になり、現在、屋内での生活は概ね自立しているが、介助なしには外出しない状況で、外出の頻度も少なく日中も寝たり起きたりの生活をしている。
障害高齢者の日常生活自立度の分類はどれか。

第29回国家試験 午後19

最も深部に到達する温熱はどれか。

第20回国家試験 午後17

脳卒中発症早期から実施すべき作業療法はどれか。

第21回国家試験 午後18

片麻痺患者のADL指導で正しいのはどれか。