リハビリテーション医学|柔道整復師国家試験問題|61問〜80問

第20回国家試験 午後17

脳卒中発症早期から実施すべき作業療法はどれか。

第27回国家試験 午後20

脳卒中のリハビリテーション治療で正しいのはどれか。

第24回国家試験 午後21

50際の男性。高所作業中に転落し、胸髄損傷をきたし6ヵ月が経過している。
完全麻痺症状があるが、上肢機能は正常で、車いすを利用した外出も可能な機能まで回復している。
膀胱直腸機能障害があり、尿道カテーテルがはずせない。今後の方針で最も適切なのはどれか。

第28回国家試験 午後18

温熱の作用で誤っているのはどれか。

第22回国家試験 午後14

腹臥位で関節可動域測定(日本整形科学会・日本リハビリテーション医学会基準による)をするのはどれか。

第20回国家試験 午後16

腰痛体操はどれか。

第21回国家試験 午後18

片麻痺患者のADL指導で正しいのはどれか。

第28回国家試験 午後23

65歳の男性。数年前から安静時の振戦があり、パーキンソン病の診断を受けている。最近になって歩き始めの一歩が出にくくなり、歩き始めると止まれないことがあるため受診した。 正しいのはどれか。

第24回国家試験 午後19

脳卒中で正しいのはどれか。

第27回国家試験 午後13

松葉づえで正しいのはどれか。

第29回国家試験 午後14

長期臥床に伴う拘縮の好発部位と肢位の組合せで正しいのはどれか。

第25回国家試験 午後16

日常生活動作(ADL)でないのはどれか。

第20回国家試験 午後19

C5頸髄損傷(第5頸髄節機能残存)で筋収縮がみられるのはどれか。

第25回国家試験 午後13

国際生活機能分類(ICF)での活動はどれか。

第20回国家試験 午後20

脳性麻痺の病型とその特徴との組合せで正しいのはどれか。

第28回国家試験 午後13

ICIDH で能力低下はどれか。

第21回国家試験 午後13

機能形態障害に対するアプローチでないのはどれか。

第21回国家試験 午後17

物理療法で正しいのはどれか。

第21回国家試験 午後12

呼吸器障害のうち拘束性障害はどれか。

第29回国家試験 午後13

脳卒中患者にみられる障害のうちWHO国際障害分類の能力低下にあたるのはどれか。